健康経営ラボとは?

あなたの会社を健康経営に導く、新しいストレス解消サービス。

ストレス社会と言われて久しい現代。
従業員は、複雑化する社会と、高度なネット環境の中、業績をあげるプレッシャーにおかれ
強いストレスの中で仕事をしています。
ストレスの原因も、ストレスの解消方法も、十人十色。
従業員の方の目線にたち、「ストレスの解消」に特化した、さまざまなサービスをご提供します。

健康経営ラボ4つの柱

健康経営ラボの特徴

目的に応じてオーダーメイド

各プログラムの内容は、お客様とご相談しながらご要望に応じて、オフィスで働く皆さまのストレスを改善していきます。

ユニークなプログラム

ヨガストレッチから、ダンス、完コピダンス、さらにはお笑いまで!
従来の企業向けストレス対策とは違う、特殊なプログラムなので楽しんで取り組むことができます。

通わないから続けられる

貴社の会議室を利用してプログラムを実施するので、スタジオに通うわずらわしさもありません。
忙しい毎日に追われ、なかなか継続できない悩みも解決します。

なぜ今、健康経営が必要なのか?

政府は企業に「働き方」の改善を求め、企業もそれを順守していく必要があります。
オフィスづくりにおいても、機能性、意匠、コストといった従来の構築要素に加え、
「働き方」を含めたオフィスづくりを求められるようになってきました。

また、2015年より改正された労働安全衛生法令により、常時50名以上が勤務する事業所については、
「ストレスチェック」の実施が義務化
されました。
定期的なストレスチェックにより、迅速な「高ストレス者の発見」へ一歩近づいていくことになります。

とはいえ、「ストレス自体の解消」という問題は、そこに残されたままです。
そして、これが最も重要で困難な問題でもあります。

健康経営とは?

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味しています。
従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。
※NPO健康経営研究会 ホームページより引用

平成22年6月に閣議決定された政府の『新成長戦略』では、雇用・人材戦略における2020年までの目標の一つとして
メンタルヘルスに関する措置を受けられる職場の割合100%」が掲げられています。
社員の心の健康管理は、今後ますます重要になっていくでしょう。

経営者向けプログラム

沖知子ブレストラン

最近の記事

  1. Sonoko GINZA Night〜美容と健康を、身体と胃腸と心で体験するイベント〜

FOLLOW US

健康経営ラボの公式Twitterで最新情報をチェック!

PAGE TOP